〒309-1611 茨城県笠間市笠間4044-1 Phone:0296-73-4541
女性たちのかがやき J gallery
作家紹介
  ■  ■鍛金  ■竹工芸  ■皮革工芸  ■パンフラワー  ■アクセサリー

○ 赤荻はるい 様

赤荻はるい
▲クリックで拡大を表示
彩泥のデザインが特徴的な作品を作っている作者です。彩泥の他にも、白泥や炭化の作品も取り揃えております。

1978年 京都嵯峨美術大学陶芸科卒業
1979年 笠間焼き窯元にて修行
1982年 御前山村(現 常陸大宮市)に築窯し独立する
1984年 茨城県芸術祭美術展入選
1986年 笠間のやきもの展にて「奨励賞」受賞
茨城県芸術祭美術展入選
1991年 水戸伊勢甚美術サロンにてグループ展(93,95,97,99年)
1994年 ギャラリー陶木美にて二人展
1995年 現代陶芸めん鉢大賞展入選
ボンベルタ百貨店成田美術画廊にて四人展
1996年 現代陶芸めん鉢大賞展入選
1998年 札幌芸術の森ビアマグランカイ入選
西武百貨店つくば店美術サロンにて二人展
2002年 水戸京成百貨店美術画廊にて二人展(同04,06年)
2003年 水戸ギャラリー風にて急須展
ギャラリーいわきにて二人展
2005年 日本・フランス・ 5人展(笠間・ギャラリー門)
2006年 パリ・ベルタン・ポアレギャラリーにてグループ展(フランス)
2007年 ロス&レイナーセラミックインターナショナルにてグループ展(オランダ)


○ 秋元智香 様

秋元智香
▲クリックで拡大を表示
伊万里で陶芸の勉強をしてこられた作者です。個人的な感覚ではありますが、笠間焼とは少し印象の違う作品に感じます。やわらかな白と、繊細な器が素敵ですね。

1996年 東京造形大学造形学部美術学科卒業
1998年 伊万里職業能力開発促進センター陶器科入所
1999年 (有)長十郎窯入社 商品開発、製造に携わる
2003年 志田焼の里博物館勤務
2004年 京都府立陶工高等技術専門校 成形科入学
2005年 ポルトガルの工房「FORTUNE」にて作陶活動
茨城県窯業指導所釉薬科にて釉薬研究
現地にて作陶活動


○ 伊藤寿 様

伊藤寿
▲クリックで拡大を表示
丁寧に形成され仕上げられたユニークな作品から、実用的な器まで作陶されている作者です。


○ 猪本さやか 様

猪本さやか
▲クリックで拡大を表示
盛り付けるお料理や使う人の気持ちを考えて描かれた絵から、作者の心を感じられる作品です。実用的な器を中心に展示致しております。


○ 太田敦子 様

太田敦子
▲クリックで拡大を表示
「呉須」と呼ばれる、磁器の染め付けに用いる鉱物質の顔料で、丁寧にデザインが描かれています。シンプルな色合いながら、掌に乗せると、たっぷりな形の器から陶器の温かさが伝わってくる作品です。


○ 岡真理子 様

岡真理子
▲クリックで拡大を表示
明るい気分になる色合いの作品が並んでいます。使い易そうな飯碗各種取り揃えております。花模様がラインを描いている器に、野菜や料理を盛ってドレッシングやソースをかけると、花模様のデザインとドレッシングやソースがお互いに相乗効果で賑やかなパレットのような演出になり、料理を美味しく見せてくれます。

1994年 武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン陶磁器専攻卒
1994〜
1997年
堤綾子氏に師事
1997年 小松陶房に勤める
1998年 茨城県窯業指導所にて研修


○ 長田恵 様

長田恵
▲クリックで拡大を表示
独特な世界観の作品で、ねこや犬のキャラクターも特徴的で見ていて楽しくなります。「犬とサボテンの碗」を手に持ってみると、ザラザラした感触の器と個性的な絵から、どこかの原住民の歌声が聞こえてくるような、そんな不思議な感覚と物語を教えてくれる器です。器の底には、「Meg」とサインが入っています。

1987年 武蔵野美術大学ディスプレイデザイン卒業
1988年

笠間にて陶芸の勉強
1991年 城里町にて創作開始
  各地にて個展・グループ展多数


○ 加藤春奈 様

長田恵
▲クリックで拡大を表示
1979年 生まれ 埼玉で育つ
1999年 文化女子大学短期大学部 生活造形学科染織コース 卒業
2009年 茨城県窯業指導所 成形Ⅰ・Ⅱ科 修了
2011年 笠間市にて独立


○ 小林一富美 様

小林一富美
▲クリックで拡大を表示
小人や天使、妖精、少女、様々な陶人形を制作している作者です。作品を手にした時、どのような物語が生まれてくるでしょうか。人それぞれの物語を感じ取れると思います。

1984年 小林浩氏と共に笠間に築窯
小人をモチーフにした焼しめの陶人形を作り始める
1989年 笠間市大渕に築窯
1992年 東京、名古屋、大阪、岡山、札幌丸善ギャラリーにてグループ展
成田ボンベルタ美術サロンにて二人展
1997年 茨城県きのこ博士館エントランスホール陶壁制作
イタリア、オーストリア、スイス、ギリシャを訪れる
1998年 茨城県高等養護学校多目的ホール陶壁制作
中国の石窟を訪れる
1999年 中国の炳霊寺石窟、麦積山石窟を訪れる
2000年 韓国の慶州、ソウルを訪れる
2001年 イタリア、ギリシャを訪れる
2003年 銀座松屋にて個展
2004年 中国の敦煌莫高窟を訪れる
2005年 水戸市植物公園講師
現代茨城の陶芸展出品/茨城県陶芸美術館
2006年 私の色・私のかたち(茨城県陶芸美術館)
2007年 LIFE:生を象る、生を彩る(茨城県陶芸美術館)
2008年 Change Color(茨城県陶芸美術館)
2009年 NHK水戸文化センター講師
2010年 やきものとモチーフ(茨城県陶芸美術館)
水戸京成百貨店アートギャラリーにて二人展


○ 佐藤和美 様

佐藤和美
▲クリックで拡大を表示
落ち着いた色合いで、どんな料理でも引き立てて下さる器です。こちらの平取皿は、和の煮物を盛り付けたら絵になりますね。しかし、とてもベーシックな色合いですので、洋食を盛り付けても問題なく楽しめると思います。

1982年 東京芸術大学デザイン科修士課程修了
1992年 茨城県笠間市にて筒井修氏に師事
1996年 築窯独立


○ 清水なつこ 様

清水なつこ
▲クリックで拡大を表示
シンプルに描いた草花等のさり気ない絵付けが、白い器の中で印象的に主張しています。シンプルですから、どんなアレンジに使っても幅広く対応してくれる器です。繊細に創り込まれた「小箱」を開け閉めしていると、作品に対する作者の想いが伝わってくるようです。

2003年 東北芸術工科大学漆芸科卒
  草花を描いた粉引きの食器を製作
笠間市、水戸市で展示販売
関東を中心にグループ展多数


○ 鈴木あかね 様

鈴木あかね
▲クリックで拡大を表示
ドットのような絵柄でシンプルに可愛く、お洒落な作風です。作品を手にしてみると、ふんわりほんわか優しい気持ちにさせてくれる陶器です。毎日使い続けていたら、優しい人間になれる。そう思いませんか?


○ 砂山ちひろ 様

砂山ちひろ
▲クリックで拡大を表示
陶炎祭で開設された新人エリア「笠間のたまご」に参加をしていた作家です。視覚伝達デザインの勉強をされた方で、面白い発想の作品が多数御座います。

2006年 筑波大学芸術専門学群視覚伝達デザイン専攻卒業
2008年 多治見市陶磁器意匠研究所デザインコース修了
栃木県第七回益子陶芸展入選 ほか


○ 関あつ子 様

関あつ子
▲クリックで拡大を表示
渋い作風の中に心温まる、ほっとする絵を描いている作者です。どうぞ器を手に取ってみて下さい。

2004年 (株)エイ・ネット(イッセイミヤケグループ)退職
2007年 文化学院芸術専門学校 陶磁科卒業
つくば市に築窯
2009年 手仕事工房 丹主催 北鎌倉 円覚寺「白雲庵」にてグループ展
2010年 東日本伝統工芸展入選
2011年 つくば市azumiにて初個展


○ 園部智子 様

長田恵
▲クリックで拡大を表示
1995年 武蔵野美術短期大学 生活デザイン科 卒業
1996年 同 短期大学 生活デザイン専攻科 卒業
2006年 茨城県工業技術センター窯業指導所 成形科 卒業
2007年 茨城県工業技術センター窯業指導所 釉薬科 卒業


○ 高橋協子 様

高橋協子
▲クリックで拡大を表示
優しく心和む作品が目を引きます。リスのタンブラーには、細かい造形で可愛いリスが飾られています。

1987年 縄文土器製作を始める
1990年 武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン科木工専攻卒業
1990年 堤綾子氏に師事
1993年 黒田隆・外山亜基雄・矢崎春美各氏に学ぶ
1996年 笠間市大橋にて独立
1998年 笠間市安居に築窯
2003年 廣野敏と笠間市泉につばめ窯を開く
2008年 笠間市上郷に移転、築窯


○ 高橋沙緒璃 様

高橋沙緒璃
▲クリックで拡大を表示
1986年 岩手県生まれ
2005年 岩手県立不来方高校芸術学系卒業
2007年 秋田県立美術工芸短期大学 工芸美術学科窯業コース卒業
2008年 茨城県工業技術センター窯業指導所成形?科修了
2008年 茨城県窯元大津晃窯入社 大津廣司氏・大津晃一氏 師事
2011年 同社退社
「アトリエCicada」として活動開始
茨城県芸術祭美術展入選
2013年 茨城県芸術祭美術展入選


○ 多田千代 様

多田千代
▲クリックで拡大を表示
兵庫県加古川市に生まれる
武蔵野美術大学 油絵科卒
大学在学中より陶芸をはじめる。
愛知県瀬戸市立窯業訓練校卒
ほおのき窯として陶器制作活動をする。
ギャラリー歓喜堂にて、やきものと木版画の個展をひらく。
現在は、季節のポストカード制作や木版画制作に取り組んでいる。


○ 堤綾子 様

堤綾子
▲クリックで拡大を表示
笠間陶炎祭(ひまつり)第一回目から参加をしておられる、当ギャラリー最高齢のベテラン作家です。作品の味わい・深みをご堪能頂きたく思います。

1960年 武蔵野美術学校西洋画科卒業
山口長男氏に蕉陶を受ける
1967年 笠間市(芸術村)に築窯
1976年 個展 池袋西武百貨店 以後、銀座黒田陶苑、セントラル絵画館、他で開催
1997年 池袋東武百貨店美術画廊 個展(同00年、02年、05年)
2003年 国立市 画廊岳 個展


○ 永井久美子 様

永井久美子
▲クリックで拡大を表示
お洒落な水玉模様が、派手過ぎず使い易い作品です。若い世代に人気が御座いますが、幅広い世代で楽しんで頂ける作品ですね。


○ 長屋彩子 様

長屋彩子
▲クリックで拡大を表示
細かで繊細に制作された作品で、綺麗な花から小さな野の花まで、生活の中に取り込める事のできる器を制作している作者です。



○ 原田みどり 様

原田みどり
▲クリックで拡大を表示
素朴な土っぽさと、素敵な感性が融合した作品が印象的な作者です。結婚祝いに最適な「幸せうさぎ」。各種取り揃えておりますので、ぜひご覧下さいませ。

1986年 玉川大学芸術学科卒業
1987年 茨城県窯業指導所修了
1991年 笠間にて築窯
1993年 新綜工芸会展入賞(94,95年)
1998年 ボンベルタ成田百貨店にて個展
伊勢丹松戸店にて個展
1999年 伊勢丹浦和店にて個展
銚子十字屋にて二人展、千葉三越にて二人展
2000年 岡山遊器ギャラリーにて個展
2001年 つくばギャラリー吉瀬にて個展(同02年)
2003年 世界観ギャラリーにて個展
2005年 世界観ギャラリーにて二人展
2008年 ギャラリーアニータにて親子展(同09,10,11年)
2009年 ギャラリーアニータにて笠間女流陶芸展(同10年)
2011年 ギャラリーアニータにて笠間14人展


○ 比呂 様

比呂
▲クリックで拡大を表示
鉄釉の奥深い色合いが特徴的な作品を制作している作者です。手に持ってみますと、心から温かくなる作品ですので、温かい食べ物を盛り付けてみると良いですね。

2005年 茨城県工業技術センター窯業指導所 成型I科修了
2007年 茨城県工業技術センター窯業指導所釉薬科修了


○ 藤原里子 様

藤原里子
▲クリックで拡大を表示
馴染み易い器を制作している作者です。実際に掌で触って頂けると分かると思いますが(特に、飯碗と湯呑)、掌にスッと馴染む不思議な触感の残る作品です。食器の他にも、個性的なシーサーを制作している作者です。

1975年 東京生まれ
2000年
〜2007年
松竹園にて盆栽修行&お客様の盆栽手入れ
2008年 茨城県工業技術センター窯業指導所形成?科入
2009年 茨城県工業技術センター窯業指導所釉薬科入所、翌年独立


○ 古谷萌仁香 様

古谷萌仁香
▲クリックで拡大を表示
丁寧に作り込まれた作風で、長く愛用してお気に入りの器として使って頂きたい作品を制作している作者です。

1984年 東京生まれ静岡育ち
2000年 イギリスに留学
2006年 文化学院創造表現科 卒業
2012年 イラスト個展/ゑいじう(新宿)
2014年 茨城県工業技術センター窯業指導所成形科 修了
2014年 茨城県常陸太田市にて作陶を始める
2014年 かさまアマチュア陶芸大賞 入選
2014年 茨城県芸術祭美術展覧会 入選
2015年 第4回そば猪口アート展 入選


○ 松田路子 様

松田路子
▲クリックで拡大を表示
草花模様のシリーズを展示させて頂いております。手触りの感触が良く、使い込むほど味わいが出てくる器です。

1985年 武蔵野美術短期大学専攻科金工科卒業
1987年 ミュンヘン美術大学留学
1988年 茨城県笠間市寺本陶房にて修行を始める
1990年 茨城県笠間市窯業指導所ロクロ科修了
1991年 同・釉薬科修了
1999〜
2008年
銀座煉瓦画廊(東京・銀座)にて個展
2006〜
2011年
陶庫(栃木・益子)にて個展
2008年 戦国アート絵巻(茨城・桜川 真壁城跡)
2009年 ですから@PARTY展FUURO(東京・目白)にてグループ展
水と土の芸術祭(新潟市)泥花プロジェクト・アートユニット空土として参加
2010年 いつも静かに笑っている 茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
銀座煉瓦画廊(東京・銀座)にて個展


○ 松原明美 様

松原明美
▲クリックで拡大を表示
特徴的な形のマグカップは人気の作品です。フリーカップも御座います。角皿は、繊細な印象としっかりした力強さを併せ持っていて、とても素敵です。


○ 山口由美 様

山口由美
▲クリックで拡大を表示
人気の犬の作品と、ネックレス・ペンダント・ストラップ・チョーカーを焼物で制作している作者です。「こいぬ」の愛らしさを、ぜひ見て下さい。

1982年 製陶ふくだ
1985年 (株)笠間美術陶芸
1988年 独立
1998年 「犬のまるちゃん展」で初個展(スペースnico)
「陶雛展」(涼)
「犬のまるちゃん展」(陶之助、もえぎ、きらら館)etc
「Boy’sお節句展」(陶之助)
  練込みアクセサリー食器などで独立するも、愛犬「まる」作りに熱中し、犬物中心に作陶中。
(他、陶雛、桃太郎シリーズ、アクセサリーetc)


○ 我妻なおり 様

我妻なおり
▲クリックで拡大を表示
独特な世界観を表現しておられる作者です。この世界観の心地よさを知ってしまったら、作品の魅力から逃れることは出来ません。

1992年 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所卒業
1994年 茨城県笠間市の窯元「桧佐陶工房」にて修行
1999年 石岡市(旧八郷町)にて独立
2010年 現在地に移転


○ 小山幸子 様

小山幸子
▲クリックで拡大を表示


○ 小山朋子 様

小山朋子
▲クリックで拡大を表示


○ すずき京子 様

すずき京子
▲クリックで拡大を表示


鍛金

○ 山口みちよ 様

山口みちよ
▲クリックで拡大を表示
1984年 多摩美術大学(金工)卒業
1998年 茨城県に工房「アトリエ金工やまぐち」移設
  松屋銀座(個展’90・98・01・03・09・11年)
日本クラフト展(’97・98・99・04・06・08・09・10・11年)
宇都宮西武百貨店(鍛金二人展’98年)
八ヶ岳倶楽部(鍛金二人展’00・04・07・09・10・11年)
ギャラリー晩紅舎 四谷(個展’06年)
ギャラリー門 笠間(鍛金二人展’04・06年)
ギャラリー旬 広尾(鍛金二人展’04・06・07・08・10年)
日本橋高島屋本店(『飾』展’05年)
日本のクラフトin Sapporo 札幌芸術の森(’05年)
工芸都市高岡2005クラフト展(’05年)
日本のクラフトin金津創作の森 福井(’06年)
東海ステーションギャラリー(金属でつくるかたち’06年)
画廊・椿 千葉(個展’06・08・10年)
東急百貨店本店 渋谷(冬を彩るクラフト’07年)
日本現代工芸美術展 東京都美術館(’08・09・10・12年)
もえぎ本店 益子(個展’09年)
横浜そごう(鍛金二人展’10・12年)
他、展覧会発表活動多数

茨城県芸術祭美術展覧会「特賞」「会友賞」
ふじみ野駅駅前広場モニュメント制作コンペ「優秀賞」

茨城工芸会会員
(社)日本クラフトデザイン協会会員
(社)現代工芸美術家協会会友


竹工芸

○ 井上守人 様

井上守人
▲クリックで拡大を表示
1990年 八木澤正に師事
1998年 栃木県芸術祭美術展 花籃「秋明」初入選
2000年 全国竹芸展 手さげかご「装」デザイン賞
以降同展にて2003年・2006年・2010年・2012年、デザイン賞受賞
同展2001年・2007年・2009年、優秀賞受賞


○ 土屋為良 様


○ 八木澤洋志 様


○ 吉川良平 様


皮革工芸

○ 三村せつこ 様

三村せつこ
▲クリックで拡大を表示


パンフラワー

○ 藤岡勝美 様

藤岡勝美
▲クリックで拡大を表示


○ 皆川博子 様

皆川博子
▲クリックで拡大を表示


アクセサリー

○ IZUMI 様

IZUMI
▲クリックで拡大を表示


○ KYOKO 様

KYOKO
▲クリックで拡大を表示


▲ページTOPへ

ギャラリーのご案内 │ 個展・企画展ご案内 │ 作家紹介 │ アクセスマップ │ 周辺観光案内 │ HOME
Copyright © 2012 J-gallery. All Rights Reserved.